カテゴリー「架空」の記事

2009年4月27日 (月)

(その5)

猫の女神様は、Sのお腹が大きいことに気づきました。
そして、考えました。

さて、どうしよう?
サムライは、あてにならない。
自分が仔猫たちの里親を見つけてあげなくては。
そうでもしないと、あの家は猫であふれてしまう。
サムライも猫たちも、苦しむことになるだろう。

猫たちのために、なんとかしてみせる。

猫の女神様は、強く思うのでした。
(彼女は、今までもたくさんの猫たちを助けてきたのです)

それから、約1ヶ月後。
猫の女神様は、偶然、サムライと出会いました。
急いで駆け寄ると、サムライに尋ねました?

「猫ちゃん、どうしてる?」

続きを読む "(その5)"

| | コメント (0)

2009年3月23日 (月)

(その4)

猫の女神様は、サムライに言いました。
「これからも猫と幸せに暮らしたのなら、病院に連れて行かなくては」

もちろん、サムライにもそのことはわかっていたのです。

続きを読む "(その4)"

| | コメント (0)

2009年3月 9日 (月)

(その3)

サムライは、ある日、猫たちに言いました。

「働きに行こうと思う」

続きを読む "(その3)"

| | コメント (0)

2009年3月 2日 (月)

(その2)

「猫の女神様」 とは。
実は、本当の神様、ではありません。

続きを読む "(その2)"

| | コメント (0)

2009年2月23日 (月)

あるところのサムライ宅の争い(その1)

ちょっと昔の出来事。

とある沿線に、サムライが住んでいました。
サムライとはいえ、野球の代表でもありませんし、戦隊モノのヒーローというわけではありません。
とはいえ、探してみると、現代のニッポンにもまだまだサムライが居るのです。

続きを読む "あるところのサムライ宅の争い(その1)"

| | コメント (0)